【悲報】airpodsの買取りがシュリンク破れで減額【買取ルデヤ】どうなる?

楽天ポイントせどり

買取り屋を利用する人「シュリンク破れってなに?シュリンク破れになるとどうなるの?査定を減額されないための対策はどうすればいい?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. 【恐怖】シュリンク破れとは
    1-1.シュリンクとは
    1-2.シュリンク破れとは
    1-3.シュリンク破れの画像例
    1-4.シュリンク破れで減額になる商品
  2. 【買取ルデヤ】シュリンク破れになるまでの流れ
  3. 査定価格が下がったときの対処
  4. シュリンク破れを回避する方法
    ①:仕入れ時に安心できるメーカーから購入する
    ②:自宅に届いたときに検品する
    ③:シュリンク破れが見つかった場合は交換又はフリマサイトで売る

こんにちは、カズです。
楽天ポイントせどりで月数万円稼いでいます。

この記事では、せどりをやっている人なら誰でも起こりえる『シュリンク破れ』による査定の減額について解説します。

AirPods Proを買取り屋さんの「買取ルデヤ」で検品してもらったら「シュリンク破れ」で減額になりました。

AirPods Pro MWP22J/A

AirPods Pro MWP22J/A(未開封)
23,500円
数量:1
査定価格:23,500円
査定コメント:1台シュリンク破れの為2.000円の減額です。

せっかく副業で稼ごうと思っていても『シュリンク破れ』になってしまうと大きな損失が出てしまいます。
この記事を読めば「シュリンク破れ」の正しい知識と対策がわかりますよ。

有益な情報ですので、ぜひご覧ください。

【恐怖】シュリンク破れとは

【恐怖】シュリンク破れとは

まずはじめに「シュリンク」について解説します。

シュリンクとは

商品を密封、汚れ防止などの目的で覆う透明フィルムのこと。

シュリンク破れ

シュリンク破れとは

商品を覆うシュリンクに傷があったり、破れていたりすること。
完全に破れていなくても傷があるだけで「シュリンク破れ」になります。

シュリンク破れの画像例

上記の写真は完全に破れてはいないですが、少し傷があるので「シュリンク破れ」になるそうです。

けっこうチェックが厳しいですね。

シュリンク破れで減額になる商品

基本的には高額商品で、Apple製品が多い印象です。

シュリンク破れで減額になるApple製品の例

  • AirPods
  • iPad

AirPodsやiPadは人気商品で利益が取りやすいですが、「シュリンク破れ」という思わぬリスクが伴うので注意が必要です。

僕が今回シュリンク破れになったのも「AirPods Pro」でした。

【買取ルデヤ】シュリンク破れになるまでの流れ

【買取ルデヤ】シュリンク破れになるまでの流れ

さて、ここからは僕の体験談をお伝えします。

シュリンク破れになるまでの流れ

  • 楽天市場で「AirPods Pro」を5つ購入
  • 数日後に商品が自宅に到着
  • ほぼ検品せずに買取ルデヤに買取申し込み
  • 5個中4個は通常買取り、1個はシュリンク破れで-2,000円の減額

「ほぼ検品せずに」買取ルデヤに送ってしまったのは完全に失敗でした。

発送時に気をつけたこと

自宅から買取ルデヤに送るときは、さらに緩衝材を補強して丁寧に発送。

郵便局の人に以下のことをお願いしました。

お願いしたこと

  • われもの注意
  • 逆さま厳禁

なので「きっと大丈夫」と思いこんでいたのです。

そしたら後日、買取ルデヤからこんなメールが・・・

届いたメール

AirPods Pro MWP22J/A(未開封)
25,500円
数量:4
査定価格:102,000円

AirPods Pro MWP22J/A(未開封)
23,500円
数量:1
査定価格:23,500円
査定コメント:1台シュリンク破れの為2.000円の減額です。

合計金額:125,500円

まさかシュリンク破れで査定が下がるなんて・・・
ぶっちゃけ、ショックでした。

査定価格が下がったときの対処

査定価格が下がったときの対処

買取価格より下がってしまった場合、以下の3つの選択肢があります。

買取価格より下がった場合の選択肢

  • ①:下がった査定額を承認して振り込んでもらう
  • ②:コメント欄で異議申し立てをする
  • ③:買取キャンセルして、着払いで郵送してもらう

こちらが判断するまでは振込手続きは保留のまま。

どの選択肢を選ぶにしても、「お客様マイページ」から手続きを行います。
» お客様マイページ

なので、「勝手に下がった査定額で振込が完了する」ことはありません。

今回、僕が取った行動は「①:下がった査定額を承認して振り込んでもらう」でした。

理由としては

  • 事前にしっかりと検品していなかった:[異議を申し立てることがない]
  • キャンセルすると着払いで1,000円以上送料がかかる

上記のとおりでして、こちらの主張は正当化できないし、キャンセルするメリットもないからです。

なので、「①:下がった査定額を承認して振り込んでもらう」を選びました。

現地持ち込みだと、商品の状態をその場で確認できるから納得感がありますね。
僕は田舎に住んでいるので郵送しか無理です。

今回は「事前にしっかりと検品しなかった」という、僕に落ち度があるので仕方ないですね。

ちなみに、シュリンク破れで下がった査定額ですが、きちんと買取申し込み画面で金額が明記されています。

査定額が下がったのは残念でしたが、公平性があって安心感がありました。

シュリンク破れを回避する方法

シュリンク破れを回避する方法

さて、ここからは「どうやったらシュリンク破れを回避できるか」について解説します。

シュリンク破れの回避方法

  • ①:仕入れ時に安心できるメーカーから購入する
  • ②:自宅に届いたときに検品する
  • ③:シュリンク破れが見つかった場合は交換又はフリマサイトで売る

順に解説します。

①:仕入れ時に安心できるメーカーから購入する

ここが一番重要ですが、「なるべくシュリンク破れがないメーカーから仕入れる」こと。

具体的な企業名は避けますが、メーカーによって商品の品質が明らかに異なります。
初心者が、1度に同じメーカーから大量に仕入れするのは危険です。

少しずつ取引量を増やして「どのメーカーなら安心できるか」を確認したほうがいいですね。

メーカーによってはシュリンク破れは交換対象外

メーカーによっては以下のように、シュリンク破れは交換してくれません。

未開封商品でございますが、輸送または仕入状況により商品の箱にキズ・シュリンクの破れがある場合がございますが、外装箱不良による交換はいたしかねますのでご了承ください。

商品を購入する前に、しっかりと確認してから仕入しましょう。

②:自宅に届いたときに検品する

商品が届いた時にしっかり「シュリンク破れ」を確認する。

これは必須作業です。(身をもって経験w)

この確認を行うことによって、次にお話しする「自分が損しない行動」をとることができます。

③:シュリンク破れが見つかった場合は交換又はフリマサイトで売る

シュリンク破れが見つかった場合、以下の方法がおすすめ。

  • メーカーが交換を認めている :メーカーに交渉して交換してもらう
  • メーカーが交換を認めていない:フリマサイトで売ることを検討

メーカーが交換を認めている場合は、交換しちゃえばいいのでカンタンですね。

もし交換を認めていない場合、相場との相談ですがメルカリなどフリマサイトで売るという選択肢もあります。

買取屋さんで減額されるくらいなら

フリマサイトで売った方が高くなる場合もあると思います。

ただし、フリマサイトで売る場合でも「シュリンク破れあり」と記載して、写真もアップするようにしましょうね。

おそらく一般の人は「外箱のシュリンクに少し傷が付いている」くらいであれば、あまり気にしないと思います。

相場よりも少し減額して出品すれば、購入してくれる人もいるはずです。

一番高く売れるところで売りましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
↑応援ポチっとありがとうございます!

人気記事【超初心者向け】楽天経済圏の作り方【楽天せどりを始めよう】

人気記事【楽天モバイル】二台持ちが最強である5つの理由【圧倒的メリットあり】

人気記事【完全初心者向け】楽天ポイントせどりの始め方【1ヶ月で達成可能】

人気記事SBIネオモバイル証券は200ポイントたまってお得!【投資家になろう】

人気記事【これを見るだけでOK】ヤフーショッピングせどりの準備方法

人気記事【中国輸入の始め方】メルカリのリサーチ方法を徹底解説【ブログ】