【最強】楽天ポイントは何に使うのが正解?世界一お得な使い方

楽天ポイントせどり

「楽天ポイントが貯まってきたけど、何に使うのが一番いいか悩んでいる。ネットで調べたらいろいろ情報がでてきて、結局どれがお得なのかわからない。」

こういったお悩みに答えます。

本記事の内容

  1. 楽天ポイントの種類
  2. 「ポイントで支払い」サービスがお得
  3. 「ポイントで支払い」のメリット
    メリット①:ポイント支払いをした金額にも+1%のポイントが付く
    メリット②:SPUが下がらない
  4. 「ポイントで支払い」サービスQ&A
    ①利用可能なポイントの種類は?
    ②申し込み期間は?
    ③申し込みは毎月しないといけないの?
    ④まったくデメリットはないのか?
  5. ポイント支払いの設定方法【手順解説】
    【手順1】サイトにアクセス
    【手順2】ポイント支払いサービスを申し込み
    【手順3】確認後、申し込み確定する
  6. 楽天ポイントは何に使うのが正解?【まとめ】

こんにちは、カズです。

この記事を書いた人

  • 楽天経済圏の住人
  • SPU倍率は13.5倍
  • 毎月数万の楽天ポイントを獲得

楽天のサービスを利用していると、ポイントがたくさん貯まりますよね。

試行錯誤して辿り着いたシンプルで世界一お得な楽天ポイントの使い方をお伝えします。

楽天ポイントの使い方に悩んでいる人にとって有益な情報になりますので、ぜひご覧ください。

楽天ポイントの種類

楽天ポイントの種類

楽天ポイントのお得な使い方を解説する前に、2つの楽天ポイントのちがいについてしますね。

楽天ポイントの種類

  • [通常ポイント]・・・最後にポイントを獲得してから1年間。
  • [期間限定ポイント]・・・有効期限が1カ月程度と短い。

[通常ポイント]は普段、楽天カードでのお買い物や楽天市場を利用する人なら、自然とポイントが貯まるので実質、有効期限なしだと考えてOK。

今回は【通常ポイント】の楽天ポイントの使い方を解説します。

「ポイントで支払い」サービスがお得

「ポイントで支払い」サービスがお得

結論、【通常ポイント】の一番お得な使い方は「ポイントで支払い」サービスを利用すること。

「ポイントで支払い」サービスとは?

毎月の楽天カード請求金額の支払いに、楽天ポイントを利用すること。

たとえば

  • 楽天カード請求額  :[10万円]
  • うち、現金支払い  :[9万円]
  • うち、ポイント支払い:[1万円]

こんな感じ。

本来なら、請求額の10万円が銀行口座から引き落とされますが、ポイントで1万円支払うことにより、口座引き落としは9万円になります。

「ポイントで支払い」のメリット

「ポイントで支払い」のメリット

「ポイントで支払い」サービスのメリットがこちら。

メリット

  • ①:ポイント支払いをした金額にも+1%のポイントが付く
  • ②:SPUが下がらない

順に説明します。

メリット①:ポイント支払いをした金額にも+1%のポイントが付く

結論から言うと、ポイント支払いサービスを利用しても、しなくても貰える楽天ポイントは変わりません。

つまり「デメリットなしで楽天カードの請求金額をポイントで支払える」ので、とってもお得なんです。

街のお買い物で楽天カードを利用した場合、100円につき1ポイント貯まります。

通常の支払い

  • 街でのお買い物       :1万円
  • 月末に口座引き落とし(現金):1万円
  • 付与ポイント(1%)       :[1,00P]

一部をポイント支払い

  • 街でのお買い物       :1万円
  • 月末に口座引き落とし(現金):6,000円
  • 月末にポイント支払い    :4,000円
  • 付与ポイント(1%)       :[1,00P]

上記のとおり。

付与率は減らさずに、お得にポイントを使うことができます。

メリット②:SPUが下がらない

これは楽天市場でお買い物したときの話なのですが、SPUを下げることなくお買い物できます。

楽天市場でポイント支払いすると

「楽天カード決済で付与されるSPU6%」がもらえません。

具体的には

  • 楽天カード:+2%
  • 楽天カード決済(ゴールド/プレミアム):+2%
  • 楽天銀行 + 楽天カード:+1%
  • 楽天保険 + 楽天カード:+1%

つまり、ポイント支払いをしてしまうと6%分損してしまうのです。

なので、楽天市場でお買い物するときは

  1. 楽天市場では楽天カードで購入
  2. 「ポイント支払い」サービスでポイント払いに変更

が最強コンボです。

「ポイントで支払い」サービスQ&A

「ポイントで支払い」サービスQ&A

さて、ここからは気になる「ポイントで支払いサービスの疑問」を解説してきます。

①利用可能なポイントの種類は?

【質問】

  • 楽天ポイントは通常ポイントと期間限定ポイントがありますが、どちらもポイント支払に使えますか?

【答え】

  • 使えるのは通常ポイントのみです。
    以下で獲得したポイントはポイントで支払いサービス」では使えません。

使えないもの

  • 期間限定ポイント
  • 楽天キャッシュ
  • 他社(楽天証券ポイント含む)から交換したポイント

②申し込み期間は?

【質問】

  • サービスを利用したのですが、いつ申し込めばいいですか?

【答え】

③申し込みは毎月しないといけないの?

【質問】

  • 毎月このサービスを利用したいと考えています。
    一度設定すれば、2カ月目以降は登録不要ですか?

【答え】

  • 毎月設定する必要があります。

④まったくデメリットはないのか?

【質問】

  • とてもお得なサービスだと思うのですが、本当に一切デメリットはありませんか?

【答え】

  • 請求額を「全額ポイント支払いにした場合」デメリットはあります。
    SPU達成条件である「楽天カードの請求を楽天銀行で引き落としする」が引き落とし金額0円になります。
    その結果、SPU未達成となり+1倍にはなりません。
1円以上の引き落としがあれば大丈夫です。
全額ポイント支払いだけ、避けましょう!

ポイント支払いの設定方法【手順解説】

ポイント支払いの設定方法【手順解説】

ここからは実際の手順を解説します。

【手順1】サイトにアクセス

【手順2】ポイント支払いサービスを申し込み

ポイント支払いサービスを申し込みます。

▼PCの人

▼スマホの人

【手順3】確認後、申し込み確定する

あとは画面にしたがって、申し込みボタンを押せばOK♪

おつかれさまでした^^

楽天ポイントは何に使うのが正解?【まとめ】

楽天ポイントは何に使うのが正解?【まとめ】

楽天の通常ポイントは「ポイントで支払い」サービスを利用するのが一番お得。

メリット

  • ①:ポイント支払いをした金額にも+1%のポイントが付く
  • ②:SPUが下がらない

毎月12日(確定金額反映後)~20日過ぎくらいまでの間、申し込みできます。

楽天ポイントは1P=1円の価値がありますが、使わなければ意味がありません。

「ポイントで支払い」サービスなら毎月貯まったポイントをお得に消化できるので、おすすめですよ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
↑応援ポチっとありがとうございます!

人気記事【超初心者向け】楽天経済圏の作り方【楽天せどりを始めよう】

人気記事【楽天モバイル】二台持ちが最強である5つの理由【圧倒的メリットあり】

人気記事【完全初心者向け】楽天ポイントせどりの始め方【1ヶ月で達成可能】

人気記事SBIネオモバイル証券は200ポイントたまってお得!【投資家になろう】

人気記事【これを見るだけでOK】ヤフーショッピングせどりの準備方法

人気記事【中国輸入の始め方】メルカリのリサーチ方法を徹底解説【ブログ】